無料ブログはココログ

CAVALIER-ART本館

お友達のBlog

« フォーミュラーE | トップページ | 復活のニード? »

2015年10月25日 (日)

WEC IN FUJI

ここにログイン出来ず遅れていたWECの写真をアップします。

Dsc00026
ルマン式グリッド整列。
元は反対側にドライバーが立ち、スタートの合図とともに車に向かって走り乗り込んでスタートを切っていたのは有名ですが、このスタートでジャッキー・イクスが残した有名なエピソードがあります。
イクスは、車にゆっくり歩いて乗り込み、最後方からスタートしたのですが、24時間後彼はトップでチェッカーを受けたのです。

Dsc00081
セーフティーカーラン中、淡々とSCの後ろを走るポルシェ

Dsc00115
それに対し、アウディとトヨタはマシンを左右に振りながらタイヤを温めながら走行。
このちょっとの差がスタートの波乱を呼ぶことに。

Dsc00136
SCがコースを離れ、レーススタートした直後の1コーナーで、タイヤが温まりきっていなかったポルシェがオーバーラン、アウディ7号車が一気にTOPへ!
ポルシェは5番手、6番手へ。

Dsc00154




Dsc00156

しかし、今年のポルシェは別次元な速さ!
トヨタを早い周回でオーバーテイク!

Dsc00444
その後レースも半分に来たところで、逃げるアウディ7号車もパスしたポルシェ18号。
この後は、ポルシェ、アウディ、トヨタの順位のままゴールまで。

Dsc00490
今回のレース、途中から雨脚が弱まり、全ての車がドライタイヤへ。
しかし、レコードラインを外れると路面はまだウェット。
下位クラスの車は、かなり神経使いながらコースを譲形に。

Dsc00891
Dsc00895
同じクラスの車との順位争いの中、上位クラスマシンにコースを譲ろうとしてコースを外れるシーンも

Dsc001521
最後まで圧倒的な速さのポルシェ

Dsc001971
昨年、念願のチャンピオンに輝きながら、今年は良いところないトヨタ。
来シーズンは、ボディもエンジン含むPUも一新したアップデートしたTS-050で再びチャンピオン争いを優位に戦える事を期待したい!

Dsc002571
これは帰り道、初冠雪した姿見せた富士山を撮影できました。

今から来シーズンのWEC IN FUJI観戦を楽しみにしてます。













































« フォーミュラーE | トップページ | 復活のニード? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573267/62549575

この記事へのトラックバック一覧です: WEC IN FUJI:

« フォーミュラーE | トップページ | 復活のニード? »